築50年の実家をスケルトンリフォーム

2023年
千葉県柏市


建築の概要
シニア世代のお住まいです。
友人が多く住む町で、楽しくシニアライフを過ごせる住まいにしたい。
庭いじりも楽しみたい。
すっきり整頓した住まいにしたい。なのでジャストサイズな造作家具を作成しました。
お掃除が大好きなので、お手入れしやすい床にしたい。
木の温かみをアクセントに取り入れています。

建築のポイント
高断熱・高気密・高耐震の家
許容応力度計算
耐震+制震
第一種熱交換換気

住まいのデータ
Ua値:0.33 C値:0.58 
Q値:1.02

 

 

少し先のシニアライフを考え、友人が多く住む町へ帰りたい。。。

生家に戻ることを決めました。

今は2階にも行けるけど、いずれ2階に上がるのは億劫になると思うから、

いずれは1階で全て過ごせるようにしたいのです。そんな思いをカタチにしました。

今回のリフォームは、築50年の躯体の腐り、捻じれ、割れ、不陸を直し躯体を補強しながら

そして、気密施工をしました。冷暖房エネルギー漏れによる住み心地の低下はほぼなく

高性能住宅と生まれ変わりました。

高低差を利用した通風と、エアコン6帖用1台での全館空調計画で、とても過ごしやすい室内環境です。

南側の窓からの日差しも暖かく、高所窓からのぞく青空や緑がとても素敵で癒されます。

間接照明を多用しましたので、落ち着いた照明計画となっています。

冬は床下エアコンなので床も暖かくなり、高価な床暖房設備はいりません。

夏は小屋裏エアコンを稼働させ、吹き抜けを利用しながら家全体を涼しくします。

住み始めてからも設備交換などは安価で、コスパ最強な住まいとなりました。

PAGE TOP