先週から、柏の正連寺にある香取神社境内の

 社務所の床張り替え工事をしています。

 弟子入りした間もない頃に建てた社務所なのでもう17年は経っています。

 やはりこの頃の建物は布基礎なので床の下は土、床下の断熱材が入って無い為、

 かなり床材(フローリング)が蒸けている状態でした。

 今回、試験的に根太下に透質フィルムを貼り、その後、根太を流し、間に床下断熱材の

 スタイロフォームを入れたので大分、湿気には強くなると思います。