健康住宅性能


高性能な硬質ウレタンフォームが壁の内部結露を抑える


実証されている硬質ウレタンフォームの耐水性

硬質ウレタンフォームは、吸水性実験からも水を通しにくい素材であることが実証されており、型くずれなどがなく、高い断熱性能を長年にわたり保ち続けることができます。
グラスウール(右)は水が染み込み約3 分の 2 沈んでしまいました。硬質ウレタンフォーム(左)は水を通しにくい素材であることが確認できます。


スーパーウォールの断熱材は、35 年無結露保証


スーパーウォールパネルに使用している断熱材は、水分を透しにくい硬質ウレタンフォームを採用。室内からの湿気をガードし、断熱材内部に結露を発生させない高性能な断熱材です。 LIXIL は、瑕疵保証( 10 年間)では保証されない断熱材内部の結露による劣化を 35 年間 保証します。


建てた時の性能を、ずっと維持し続けるために

家族が末永く快適に暮らすために、世代を超えて住み継げる家であるために、また、資産価値を維持し続けるために、建物の耐久性を見逃してはいけません。建てた時の性能を維持し続けるためのポイントは、湿気による壁内部への結露の発生を抑えること。特に断熱材の耐湿性がそのカギとなります。

住宅の壁の内部には断熱材が入っています。この断熱材のおかげで気密・断熱性が高まり、室内の快適性を保ちます。しかし、内部と外部の温度に差ができ、室内の湿気が壁を通過して断熱材の中で結露する場合があります。その結露を放置しておけば腐朽菌が発生し、接している柱や土台が腐食。家の耐久性や強度低下の原因となってしまいます。


断熱材で包み込んだ魔法瓶のような空間

部屋間の温度差や上下の温度差が少なく、 建物全体を高性能断熱材で包み込んだ、気密性の高い、魔法瓶のような空間が生み出します 。

脱衣室やトイレとの温度差が少なく、ヒートショックにも安心

特に寒い 時期に事故 が多く発生しています 。断熱性 の高い家は、冬でも居室と脱衣室やトイレとの温度差が少ないため 、ヒートショックも防止できます。

気密施工で、80dB の騒音も50dBまで減衰。音が1/8になる感覚に

すぐれた遮音性能によって、周囲を気にすることなく、音のストレスから解放される室内環境を実現します。


窓も高気密をチョイス

高断熱窓の住まい は、部屋ごとの温度差を抑えることができます 。ヒートショック 対策に効果的 。トイレ、廊下、浴室などとの温度差 を少なくすれば、快適さと同時にカラダへのやさしさにもつながります。


計画換気システム

一般的な第3 種換気は、冬場の外気が 0℃ であれば、暖房された室内に 0℃ の冷気を取り込んでしまいます 。
しかし、熱交換換気の場合は、外に排気する空気の熱を活用し、室内温度に近づけて給気するので快適です。

熱回収率90 %で、快適と省エネを 両立します


空気のよどみを 少なくし、NOアレルギー健康住宅へ

計画換気システムの採用により、住まいの隅々にゆるやかな空気が流れ、空気のよどみが少なくなり、カビ・ダニの繁殖を抑えることが期待できます。